/

この記事は会員限定です

IoTで外食革命 神奈川、配達拡大や待ち時間軽減

[有料会員限定]

神奈川県内の飲食店やスタートアップ企業があらゆるモノがネットにつながる「IoT」や人工知能(AI)を使い、外食の新サービスに相次ぎ取り組んでいる。施設運営や鉄道の企業と連携しながら、配達などのサービス拡大、待ち時間の軽減、観光客対応などを強化する。若年層や従来は手薄だった訪日客らを取り込み、新たな事業成長につなげる狙いだ。

三菱地所などが出資するスカイファーム(横浜市)は2019年秋、ネット上で地元飲食店...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り979文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン