2019年9月16日(月)

アポロ月着陸50年 写真で見る宇宙開発史

2019/7/6 4:30
保存
共有
印刷
その他

米国のアポロ11号が月に着陸し、人類が初めて月面に立ってから7月20日で50年。再び月が脚光を浴びています。アポロ11号から最新の月旅行に至る道のりを数々の写真で振り返ります。

■月面に到着

月面に星条旗を打ち立てた(1969年7月)=NASA・AP

月面に星条旗を打ち立てた(1969年7月)=NASA・AP

アポロ11号の2人の宇宙飛行士は「静かの海」に着陸、21時間余り月面にとどまりました。月面に星条旗を立てるだけでなく、科学観測機器を設置し、月の石を地球に持ち帰るなど多くの成果を上げました。星条旗の横に立つのはオルドリン飛行士です。

■3人の英雄

記念撮影する3人(NASA・ロイター)

記念撮影する3人(NASA・ロイター)

アポロ11号に搭乗した3人の宇宙飛行士のうち、アームストロング船長(左)とオルドリン飛行士(右)の2人が着陸船で月に降りました。司令船パイロットだったコリンズ飛行士(中央)は、月を周回しながら着陸した2人の帰還を待ちました。

■記念すべき一歩

月面にくっきりついた足跡(NASA・ロイター)

月面にくっきりついた足跡(NASA・ロイター)

「ひとりの人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍だ」。アームストロング船長が月への一歩を記したときに残した言葉です。この後、1972年のアポロ17号で計画を終えるまでに12人の宇宙飛行士が月に着陸しました。

■熱狂

アポロ11号の3人の宇宙飛行士が来日し、東京・銀座をパレード。12万人が沿道を埋め尽くした(1969年11月)=共同

アポロ11号の3人の宇宙飛行士が来日し、東京・銀座をパレード。12万人が沿道を埋め尽くした(1969年11月)=共同

アポロ11号の3人の宇宙飛行士は月から帰還した後、世界22カ国を歴訪しました。1969年11月には日本を訪れて東京の銀座通りをパレードし、3人を一目見ようと12万人が押し寄せました。この訪日の際に3人は文化勲章を受章しています。

■「石」はどこ?

アポロ11号が持ち帰った「月の石」の特別展に訪れた人たち(1969年11月、東京・上野の国立科学博物館)=共同

アポロ11号が持ち帰った「月の石」の特別展に訪れた人たち(1969年11月、東京・上野の国立科学博物館)=共同

アポロ11号が持ち帰った月の石の一部が、1969年11月に国立科学博物館で公開されました。大きさは4~5ミリメートルと小粒な石4個で、現在も同博物館で展示されています。70年の大阪万博ではアポロ12号が持ち帰った月の石が展示され人気を集めました。

■スペースシャトルで宇宙へ

ボーイング機の上に乗って輸送されるスペースシャトル「コロンビア号」(1981年11月)=AP

ボーイング機の上に乗って輸送されるスペースシャトル「コロンビア号」(1981年11月)=AP

アポロ計画の終了後、米国はスペースシャトルを開発、1981年に初飛行しました。同じ機体を繰り返し使用できるようにして、低コストで宇宙と往還する狙いでした。1992年には毛利衛さんが日本人として初めて搭乗、宇宙飛行しました。

■悲劇

1986年、「チャレンジャー号」の打ち上げに失敗し7人が死亡(NASA・ロイター)

1986年、「チャレンジャー号」の打ち上げに失敗し7人が死亡(NASA・ロイター)

1986年1月、スペースシャトルのチャレンジャー号が打ち上げ直後に爆発、7人の宇宙飛行士が死亡しました。2003年にはコロンビア号が空中分解する事故も起き、2011年7月のアトランティス号を最後にスペースシャトルの打ち上げは終了しました。

■国際協力へ

きらめく国際宇宙ステーション(NASA・AP)

きらめく国際宇宙ステーション(NASA・AP)

国際宇宙ステーションは米国を中心にロシアや日本、欧州などが参加して建設、約400キロメートルの上空を周回しています。1998年に建設が始まり、2000年から宇宙飛行士が滞在しています。これまでに7人の日本人宇宙飛行士も長期滞在しました。

■日本人が宇宙に行ったのは世界で何番目?

最初に宇宙に飛び立ったのはソ連。日本人は遅れること21番目だった

最初に宇宙に飛び立ったのはソ連。日本人は遅れること21番目だった

■突然空から

ブラジルに落下した宇宙船の一部(2014年)=AP

ブラジルに落下した宇宙船の一部(2014年)=AP

宇宙開発が盛んになるにつれて、使用済みの人工衛星やロケットの残骸などの宇宙ごみ(スペースデブリ)が問題になっています。新しい人工衛星やロケットに衝突して破壊したり、地上に落下して被害を出したりする危険があるためです。

■台頭する中国

中国は洋上からロケット「長征11号」の打ち上げに成功。甲板の広さはサッカー場を超えるという(6月)=共同

中国は洋上からロケット「長征11号」の打ち上げに成功。甲板の広さはサッカー場を超えるという(6月)=共同

近年、宇宙で中国の存在感が増しています。2003年には旧ソ連、米国に続いて有人宇宙船の打ち上げに成功。19年1月に世界で初めて月の裏側に無人探査機を着陸させました。19年6月には海上の発射基地からの人工衛星打ち上げにも成功しています。

■日の丸スタートアップが躍進

■再び月へ

米アマゾン・ドット・コムの創業者ジェフ・ベゾス氏が有人月面着陸機の模型を公開。「月に戻る時がきた」と話した(5月)=ロイター

米アマゾン・ドット・コムの創業者ジェフ・ベゾス氏が有人月面着陸機の模型を公開。「月に戻る時がきた」と話した(5月)=ロイター

アマゾン・ドット・コムの創業者が設立した宇宙ベンチャー、ブルー・オリジンは独自の月着陸船を2024年に打ち上げる計画です。米国のスペースXも23年に月への有人飛行を目指しています。月旅行でも民間企業が活躍する時代が近づいています。

文・編集委員 小玉祥司 編集・加藤宏志、鈴木輝良

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。