/

選手村でテロ、11人犠牲に 1972年ミュンヘン五輪

選手団11人が犠牲となった五輪史上最悪の悲劇は1972年ミュンヘン五輪の会期中に起きた。9月5日、パレスチナのゲリラ集団が選手村のイスラエル宿舎を襲撃、2人を殺害するとともに選手らを人質に収監中のパレスチナ人の解放を求めた。

パレスチナ・ゲリラ襲撃事件で、人質解放交渉にあたる西ドイツのゲンシャー内相(右から4人目)に指を出して話す容疑者の1人(右端)=UPI共同

同日夜、9人の人質とともに空軍飛行場に向かったゲリラに対し警官隊、軍隊が救出作戦を決行したものの失敗。銃撃戦に発展し人質全員が死亡した。

大会は中止も取り沙汰されたが、国際オリンピック委員会(IOC)のブランデージ会長は「中止はテロに屈服することにつながる」と主張。IOCは1日ずつ競技実施を繰り下げた上での大会続行を決定した。

開催国西ドイツ(現ドイツ)の警備体勢の甘さが問題視され、世界中の目が集まる祭典を狙ったテロの脅威への認識が高まった。しかし96年アトランタ五輪でも爆弾事件が起き2人が死亡。スポーツ大会を狙うテロは今もあり、東京五輪でもテロ対策は重要課題だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン