/

「東洋の魔女」期待背負い金 1964年東京五輪

国民的行事となった1964年東京五輪の中でも鮮烈な印象を残したのは、女子バレーボール「東洋の魔女」の金メダル獲得だろう。

故河西昌枝主将ら実業団「ニチボー貝塚」を中心にした日本代表は当時、既に世界最強だった。62年の世界選手権を制した後に選手たちは一度引退に傾いたものの、国民の五輪への高い期待を受けて現役を続行。「鬼の大松」と呼ばれた故大松博文監督のもと、1日10時間を超える猛練習で代名詞の「回転レシーブ」などをたたき込まれた。

6チームで競った五輪で順調に勝ち進むと、決勝では宿敵ソ連(現ロシア)とぶつかった。日本は磨いてきた守備力や谷田絹子のスパイクなどで2セットを連取。第3セットの最後に相手のオーバーネットで優勝が決まると、コートに歓喜の輪が広がった。

この決勝戦のテレビの平均視聴率は実に66.8%を記録。小柄な選手たちが躍動する姿は戦後日本の高度経済成長とも重ねられ、大会のハイライトとなった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン