/

この記事は会員限定です

九州大雨、18年の「西日本豪雨」再来か(天気のなぞ)

[有料会員限定]

九州を中心に大雨が続いている。鹿児島では市内全域の27万5287世帯、59万4943人に避難指示を出した。熱帯低気圧の名残の暖かく湿った空気が流入して梅雨前線が活発化しており、220人以上の死者を出した2018年の「平成30年7月豪雨(西日本豪雨)」と天気図のパターンが似てきた。今のところ、この時ほどのひどさにはならないとみられるが、西日本では既に雨が続いて土壌水分は増え、川の流量も多い。そこへ豪...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1441文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン