/

この記事は会員限定です

誰でも立候補する権利がある

憲法のトリセツ

[有料会員限定]

きょうから参院選が始まります。300人超が立候補する見込みです。前回、いまの憲法において選挙権は数ある基本的人権の中でもとりわけ重要な権利と位置付けられていることを紹介しました。被選挙権はどう扱われているのでしょうか。

被選挙権を保障していた明治憲法

「日本臣民は法律命令の定むる所の資格に応じ均(ひとし)く文武官に任せられ及(および)其(そ)の他の公務に就くことを得(う)」

これは1889年に公布された大日本帝国憲法(明治憲法)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1705文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン