2019年7月22日(月)

BGM無断使用で和解 JASRACと大阪のバー

社会
2019/7/3 10:38
保存
共有
印刷
その他

日本音楽著作権協会(JASRAC)が著作権を管理する楽曲をBGMとして無断で使ったとして、大阪市中央区のバー男性店主(46)に使用差し止めと損害賠償を求めた訴訟の和解が2日、大阪地裁(谷有恒裁判長)で成立した。

原告、被告双方によると、店主が使用料と延滞金を合わせて約7万円を支払い、JASRACと楽曲使用の契約を結ぶ。店主は「営業するためには和解に至ることが最善だったが、徴収が公平でないと感じており納得はしていない」と話した。

訴状によると、店主は2013年以降、無断でBGMを使用。JASRACは13年8月~今年4月分として約6万2千円を請求していた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。