/

インベブ、アジア部門の香港上場 調達額1兆円に倍増へ

【ニューヨーク=高橋そら】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は2日、ビール世界最大手アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ベルギー)がアジア太平洋地域の子会社の上場で調達する資金額の最大98億ドル(約1兆600億円)への引き上げを目指していると報じた。従来は50億ドル規模とみられていた。

インベブは世界でビール「バドワイザー」などを販売する=ロイター

インベブはビールの「バドワイザー」ブランドで知られる。アジア太平洋部門の子会社「バドワイザー・ブリューイング・カンパニーAPAC」は5月、香港証券取引所に株式上場を申請した。実現すれば、食品・飲料メーカーの新規株式公開(IPO)としては世界最大規模となる。

報道によると、バドワイザー・ブリューイングは19日の上場を計画しているという。同社は主力のバドワイザーなど50以上のブランドをアジア地域で生産、販売する。調達した資金は負債圧縮に充てるもようだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン