元気な高齢者、介護の助手に 厚労省が自治体を支援

2019/7/3 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省は元気な高齢者の介護への参加を後押しする。ベッドメークなど補助的な仕事をする「助手」として高齢者を活用する自治体に交付金を出す。介護福祉士といった資格を持つ職員が専門的な業務に集中できるようにし、深刻な人手不足の対策につなげる。

介護の現場では食事や移動、入浴の介助といった専門的な業務のほかに、掃除やベッドメーク、配膳など補助的な仕事がある。補助的な仕事では介護助手を採用したり、ボラン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]