ドゥテルテ大統領に3つの課題 後継選びにも影響か

2019/7/2 19:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【マニラ=遠藤淳】フィリピンのドゥテルテ大統領は6月30日、6年間の任期を折り返した。後半には3つの課題が残る。中国との南シナ海の領有権争いが未解決だ。経済成長は鈍り、南部を中心にイスラム武装勢力によるテロの脅威が続く。大統領は憲法で再選が禁じられており、政界を巡る関心は今後、次期大統領選に向く。ドゥテルテ氏が課題への対応を誤れば、後継体制の行方も左右しかねない。

フィリピン中部ミンドロ島で6月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]