/

この記事は会員限定です

日本自動機工、国内初のゴム製ダム開発 海外視野に

(埼の強み)

[有料会員限定]

日本自動機工(さいたま市)は利水や治水、水資源の活用に必要な河川向け設備の専門メーカーだ。全国約3500カ所に水門や転倒ゲート、落ち葉などのゴミを取り除く除じん機などを設置してきた。国内で最初に開発したゴム製のダム「ラバーダム」のパイオニアとしても知られる。

ラバーダムは河川に固定したゴムチューブの内部に空気を送り込み、膨らませることで河川の水をせき止める。古屋久昭社長の父である、古屋久和相談役...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り864文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン