/

静岡銀、不動産向け融資審査にAI導入へ

静岡銀行は2019年中にも、不動産向け融資の審査業務に人工知能(AI)を導入する。ITベンチャーのリーウェイズ(東京・渋谷)と組み、賃料や空室率など将来価値を予測する独自の評価システムを構築する。審査の厳格化や顧客サービスの強化につなげる。

リーウェイズとこのほど資本業務提携を結び、議決権総数の約4.5%に当たるB種優先株2100株を1億円弱で取得した。静岡銀は中期経営計画で異業種との連携強化を掲げており、同社とも交流会などを通じて協業を検討していた。

リーウェイズは全国の不動産の賃料や地価、人口動態などのデータをもとにAIで不動産の将来価値を予測するシステム「Gate.」を提供している。静岡銀は自行の審査ノウハウと組み合わせることで不動産融資の収益性をより高められると判断した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン