盛岡市制130年記念のマンホール 「さんさ踊り」テーマに

2019/7/2 19:07
保存
共有
印刷
その他

盛岡市は市制130周年を記念し、盛岡の夏を彩る「さんさ踊り」をテーマにデザインした下水道マンホール蓋を130枚製作する。11月以降、中心市街地の歩道などに順次設置し、市のPRにつなげる。

下水道マンホール蓋のカラーデザイン

下水道マンホール蓋の白黒デザイン

記念マンホールは、円形の鉄蓋をさんさ踊りの太鼓に見立て、同踊りの公式マスコットキャラクター「さっこちゃん」と、岩手県のイメージキャラ「わんこきょうだい」の「とふっち」を配したデザイン。4案の中から街頭アンケートの結果などを参考に決めた。

7月中旬から10月下旬にかけて130枚を製作する。うち3枚はカラーとし、もりおか歴史文化館前など中心市街地に設置する。残る黒色の127枚は交換時期となった蓋と置き換えていく。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]