乳幼児連れ向けカフェ 横浜で4日開業、ダッドウェイ

2019/7/2 19:06
保存
共有
印刷
その他

育児用品などを販売するダッドウェイ(横浜市)は乳幼児を連れた家族を主な顧客層とするカフェ「バイタル・ミールズ・バイ・ダッドウェイ」を、横浜駅東口の商業施設「横浜ベイクォーター」(横浜市)で4日に開業する。赤ちゃんが横になれるテーブル席を用意する。知育に役立つおもちゃや約200冊の絵本、離乳食なども取りそろえる。

ママ友とのランチのほか、誕生日や食い初めなど記念イベントなどでの利用も想定している。4階にあり、営業時間は午前10時から午後7時まで。店舗面積は約106平方メートルで席数は52席用意した。ベビーカー置き場などもある。

同階には同社の室内遊び場「ダッドウェイ・プレイ・スタジオ」や育児用品店「ダッドウェイ・ライフ・ディスカバリー」もある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]