ご厚意のプレッシャー 山田ルイ53世

エッセー
2019/7/13 16:44
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

少し前、とある焼鳥屋を訪れた。筆者が"一発"当てた2008年ごろから通う馴染(なじ)みの店だが、「男爵さん!? お久し振(ぶ)りですー!」という大将の言葉通り、ここ1、2年は何となく足が遠のいていた。最初の注文を終え、ぼんやり店内を見回していると、(……ん?)。違和感の正体は、サイン色紙である。

以前は筆者のものぐらいしかなかったが、今は壁一面を埋め尽くす勢い。しかもよく見ると、MC級から旬の若…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]