/

この記事は会員限定です

[社説]危うさ隠せぬ米大統領選の政策論争

[有料会員限定]

2020年の米大統領選に向けた政策論争が本格化してきた。再選を目指す与党・共和党のトランプ大統領が出馬を正式に表明し、野党・民主党の大統領候補によるテレビ討論会も始まった。

米国第一の内向きな通商・移民政策を続けるトランプ氏だけでなく、大衆迎合的な医療・環境政策を訴える民主党候補にも首をかしげる。超大国の将来に禍根を残す危うい論戦になりかねない。

「偉大な米国の復活」を掲げて16年の大統領選を制し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り731文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン