/

三重県 豚コレラのワクチン投与 5日から前倒し実施

三重県の鈴木英敬知事は2日午後の記者会見で、野生イノシシを介した養豚場での豚コレラの発生を防ぐため、イノシシ向けのワクチン投与時期を前倒しで実施することを明らかにした。野生イノシシの感染が確認されたいなべ市で5日に先行実施する。続いて16~18日にいなべ市、桑名市、菰野町の全対象地域で行う。

岐阜県境に隣接するいなべ市では、6月26日に野生イノシシ2頭の感染が初めて確認された。7月1日にも新たに2頭の感染がわかり、ワクチン投与の対象地域を当初予定のいなべ、桑名両市から菰野町に広げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン