PFU、情報セキュリティーサービスを無償で

2019/7/2 20:00
保存
共有
印刷
その他

スキャナー大手のPFU(石川県かほく市)は8月から、石川県内の中小企業向けに情報セキュリティーのサービスを無償で提供する。企業のセキュリティー対策の状況を調べた上で、システムの脆弱性の診断などを実施する。製造業や小売業など幅広い企業向けに100~200社への提供を目指す。

経済産業省と情報処理推進機構(IPA)が実施する、中小企業のサイバーセキュリティー対策の定着を目的とした補助事業の委託を受け、2020年1月までサービスを提供する。

意識調査のアンケートなどで企業のセキュリティー対策のレベルを調べるほか、従業員のパソコンに専用ソフトを入れてシステムの脆弱性を診断する。相談窓口を設置して、必要があればエンジニアを派遣できる体制も整える。

同事業は費用などをIPAが負担するため、企業には無償で提供する。PFUは自社サービスの認知度を高め、情報セキュリティー事業の拡大につなげたい考えだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]