観光客の胃袋つかめ 三重・いなべ市、市庁舎に食のパーク

2019/7/3 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

茶やソバ、畜産などの小規模農家が集う三重県いなべ市は、このほど市役所の敷地内に食のテーマパークを開いた。自治体が商業施設と庁舎を一体で開発するのは全国でも珍しい。同市は廃校をカフェに改装するなど、食を通じた観光や雇用に力を入れている。

今年5月、同市の新庁舎の林に囲まれた一画に食のテーマパーク「にぎわいの森」がオープンした。名古屋、大阪などに本店を構える食料品店やビストロなど5店舗が、豚肉や野菜…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]