英与党党首選の2候補、EU離脱巡り主張にぶれ

2019/7/2 17:48
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ロンドン=中島裕介】メイ英首相の後任を決める与党・保守党の党首選で、欧州連合(EU)からの離脱方針を巡る候補者の発言がぶれ始めた。強硬離脱派のジョンソン前外相が「合意なき離脱の可能性は極めて低い」と発言する一方、穏健派とされるハント外相は合意なき離脱への準備が必要との姿勢をみせる。互いに相手の支持層の取り込みを狙う構えだ。

保守党の党首選は議員投票を経て、ジョンソン氏とハント氏の2人が16万人…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]