男性の育休取得「義務化」 自民に動き、公約は触れず

2019/7/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自民党が男性の育児休業の取得率を高める政策を議論している。議員連盟が企業への男性の育休取得の「義務化」を提起した。人手不足が深刻な中小企業に重い負担になる可能性もある。参院選公約では「義務化」に直接触れず、秋以降に制度設計を持ち越した。

男性の育休「義務化」を目指す議連会長の松野博一氏らが6月17日、安倍晋三首相に提言した。企業が本人の申請がなくても育休を取らせる「プッシュ型」制度の創設が柱で、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]