ソニー、投資ファンド200億円 新興の技術取り込む
【イブニングスクープ】

スタートアップ
ネット・IT
2019/7/2 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソニーと大和証券グループ本社は有望な未上場企業の育成に向けて提携する。共同出資会社を通じて年内に総額200億円超のファンドを立ち上げる。外部資金を活用し、自社単独の投資に比べて対象の企業数や規模を増やす。デジタル分野を中心に国内外の新興企業に投資し、将来の自社成長に役立てる。

運用期間は10年程度を予定し、ロボティクスや人工知能(AI)、フィンテックなどの新興企業に各数億~数十億円を投資する。投…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]