/

この記事は会員限定です

消費増税へ身構える企業 軽減税率の宅配・中食に期待

[有料会員限定]

10月に迫る消費増税による販売減を避けようと、小売りやアパレル各社が対策を急いでいる。2014年の前回増税時には直後に販売が2~5%落ち込んだ企業も多く、増税への備えが業績に直結する。外食や食品分野では増税されない「中食」の取り込みを急ぐ一方、アパレルは生産地の変更などコスト削減に躍起だ。高額な住宅や自動車では前回のような「駆け込み」の動きが静かな半面、日常消費の現場では消費者の争奪戦が熱を帯びる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1716文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン