2019年8月20日(火)

シャープ、強さと軽さを両立した掃除機

2019/7/2 15:58
保存
共有
印刷
その他

シャープは2日、軽量掃除機「ラクティブエア」シリーズの新製品を25日に発売すると発表した。軽量性能を維持しながらも、本体の構造を見直して吸引力を強化したほか、大容量バッテリーを搭載し長時間使えるようにした。

軽さに加えて吸引力にもこだわった新カテゴリー「ラクティブエアパワー」を発売する。バッテリーの持ち時間が異なる2機種で、税別の市場想定価格は8万~9万円。合わせて月産7千台を目指す。

パイプ部にアルミ素材を使い、重さ1.9キログラムと軽量性能を維持しつつ、広範囲を掃除する際に役立つ自走アシスト機能で負担を軽減する。高速回転するファンモーターを搭載し、従来比1.5倍と吸引力を大幅に増強したほか、大容量のバッテリーを搭載し、最大120分間連続で使用できるようにした。

ラクティブエアは2016年12月に第1弾を発売し、19年6月までに2年半で累計45万台を売り上げた。片手で持てるスティック型の軽量モデルを中心に、従来のキャニスター型からの乗り換え需要を取り込んできた。

シャープの推計によると、19年の国内の掃除機市場は前年比横ばいの489万台となる見込み。一方、コードレスのスティック掃除機の需要は拡大が続く。軽さに加え、吸引力を強化した新カテゴリーの投入で、21年までにシリーズ累計100万台の販売を目指す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。