/

イズミ、ゆめタウン内に保育園 従業員向けに

イズミは従業員向けの保育園の開設に乗り出したと発表した。熊本県菊陽町の総合スーパー「ゆめタウン」内でこのほど開き、イズミだけでなく入居するテナント企業の従業員が利用できるようにした。人手不足が進むなか、子どもを持つ従業員にとって働きやすい環境をつくる狙い。今後は他の店舗への拡大も検討する。

6月27日に改装開業した「ゆめタウン光の森」内に開いた。イズミが従業員向けの保育園をつくるのは初めて。広さは約140平方メートルで、定員は19人。運営は保育サービスのアイグラン(広島市)に委託した。

店舗の従業員にとっては、出退勤と同時に子どもの送り迎えができるメリットがある。保育施設の不足が社会問題となるなか、店舗内保育園は「特にテナント企業からの要望が多かった」(同社)という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン