スグロ鉄工、車用金型部品を増産 生産設備を増強

2019/7/2 14:22
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

金型部品製造のスグロ鉄工(静岡県沼津市)は、自動車の金型向け部品を増産する。今後2年間で約5億円を投じ、本社工場の生産設備を増強する。市場拡大が予想される電動自動車(EV)に使う金型部品は従来品と形状が異なるため、需要の拡大が見込まれる。増産効果により、2022年3月期までに売上高を現在の3割増の20億円に増やす計画だ。

同社が増産するのは主に「コアピン」と呼ばれる部品。エンジンやミッションとい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]