/

この記事は会員限定です

香港デモの一部過激化 中国、市民との分断図る

[有料会員限定]

【香港=木原雄士】香港で拘束した容疑者の中国本土への移送を可能にする「逃亡犯条例」改正案を巡る混乱が収まらない。一部の若者は1日、立法会(議会)の建物を破壊して議場を占拠するなど行動をエスカレートし、中国が拒否する民主化への要求も復活させた。中国政府は「香港の法治を踏みにじる重大な違法行為だ」と批判し、過激化する若者と一般市民の引き離しを模索するが、事態収拾が長引けば香港経済にも影を落とす可能性...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1216文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン