ブラジルの子供支援コンサート 6日に最終公演
西宮市の声楽家「私自身が元気をもらった」

2019/7/2 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

兵庫県西宮市の声楽家、高丸真理さん(67)が仲間と1996年から続けてきたブラジルの子供支援のチャリティーコンサートが7月6日、最終回を迎える。偶然の出会いから始め、咽頭がんや支援者の死などを乗り越えてきた。「多くの人に支えられ、私自身が元気をもらった」と語る。

高丸さんは、知り合いのブラジル人一家が西宮市の友好都市になっているブラジルのロンドリーナ市に帰国したため、95年、一家に会いに同国を訪…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]