2019年7月22日(月)

下着ブランド、キモノの名称撤回 米タレントが批判受け

北米
社会
2019/7/2 4:29
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=大島有美子】米国の有名女性タレント、キム・カーダシアン氏は1日、自身の下着ブランドに「KIMONO(キモノ)」と名付けたことが批判を浴びた問題で、ブランド名を変更すると発表した。同氏は商標登録も申請していたため、京都市が「きものは文化で、私的に独占すべきではない」と名称変更を申し入れる事態となっていた。

下着ブランドを発表したキム・カーダシアン氏=ロイター

同氏は6月25日、補正下着ブランドに「キモノ」と冠をつけて公表した。これに対し、京都市は同28日、「きものは日本人の美意識や精神性、価値観の象徴でもあり、名称はすべての人々共有の財産」とする書簡を同氏に送ったと発表した。世耕弘成経済産業相も同日、ツイッターに「着物は日本が世界に誇る文化。しっかり審査してくれるよう米特許商標庁にも話をしたい」と投稿して懸念を示していた。

カーダシアン氏は当初は名称を変えない方針を示していたが、日本だけでなく米国でもSNSで「文化を尊重していない」などの批判が広がった。名称に反対する署名サイトには12万人超の署名が集まっていた。こうした動きを受けて同氏は1日、ツイッターに「熟慮の結果、下着ブランドの名称を変更する」と投稿した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。