2019年8月21日(水)

米民主バイデン氏支持率に陰り ハリス氏急伸

米大統領選
2019/7/2 4:08 (2019/7/2 6:08更新)
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=芦塚智子】米CNNが6月28~30日に民主党支持者を対象に実施した世論調査で、同党の大統領候補指名争いで最有力とされるバイデン前副大統領の支持率が5月末の32%から22%に10ポイント下落した。ハリス上院議員の支持率が8%から17%に急伸し、首位のバイデン氏に5ポイント差に迫る2位に躍進した。

民主党大統領候補討論会で、バイデン氏(左)はハリス氏(右)に人種問題で追及を受けた=ロイター

調査は18歳以上の民主党支持者と民主党寄り無党派の合計656人を対象に実施した。ウォーレン上院議員も支持率を7%から15%に伸ばして3位となった。サンダース上院議員の支持率は18%から14%に下落し、5月末の2位から4位に下がった。

民主党が6月26、27両日に開いた大統領候補の討論会では、人種問題を巡ってハリス氏がバイデン氏を追及。若手候補からの攻撃にもバイデン氏の防戦一方の姿勢が目立った。調査会社モーニング・コンサルトが討論会直後に実施した世論調査でも、民主党支持者によるバイデン氏の支持率は討論会前の38%から33%に5ポイント下落。ハリス氏の支持率が6%から12%に急上昇した。

討論会が支持率に影響した可能性があり、バイデン氏は7月末の第2回討論会で巻き返せるかが注目される。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。