/

この記事は会員限定です

介護ケアプランにAI・外国人向け補助金 愛知の自治体が支援策

[有料会員限定]

介護職の人手不足が深刻な愛知県で、自治体が人材育成や業務効率化の支援に知恵を絞っている。県は介護職を目指す留学生の授業料を補助する制度を創設し、外国人人材の呼び込みを強化する。高浜市は人に代わり、人工知能(AI)で訪問介護利用者のケアプランをつくる実証実験を始める。今後のさらなる人手不足に備え、対策の拡充を進める。

ネパール国籍のパウデル・ロサニさん(25)は2018年から名古屋医療秘書福祉専門学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1353文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン