/

この記事は会員限定です

円高抑止に高齢化要因 貯蓄取り崩しで経常収支悪化

[有料会員限定]

世界経済の先行き懸念や米利下げ観測など円高要因が相次ぐ中でも、一本調子で円高が進む状況とはなっていない。中長期的な要因として、少子高齢化の進展により、多くの高齢者が生活のために貯蓄を取り崩すようになれば、経常収支の悪化を通じて円安を招くとの見方が背景にある。半面、こうした要因は高インフレや日本の財政への懸念を招く可能性もある。

足元のドル円相場は1ドル=108円台で推移している。6月下旬には米国の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1074文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン