「早く体を動かしたい」 拳銃強奪、被害の巡査

2019/7/1 20:11
保存
共有
印刷
その他

大阪府吹田市の交番前で警察官が刺され拳銃を強奪された事件で、吉村洋文知事は1日、重傷を負った古瀬鈴之佑巡査(26)が会話ができるまで回復したと明らかにした。同日病院に見舞った際に「早く体を動かしたい」と笑顔で話したという。

知事によると、車いすに乗った古瀬巡査と面会室で会った。「回復して良かった」と伝えたところ「府民の皆さんにも心配していただいてありがとうございます」と応じたという。

医師からは「驚異的な回復力で、数歩は歩ける状態で食事も普通に取っている。まずは治療に専念してもらうが、復帰もできると思う」と説明を受けたという。知事は「まもなくリハビリセンターに転院し、体と精神的ケアをされる予定だと聞いている」と述べた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]