行政手続きデジタル化、新興勢「ガブテック」が後押し

2019/7/2 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

あらゆる行政手続きを原則として電子申請に統一する「デジタルファースト法」が成立し、行政機関がようやくデジタル化へ本格的に取り組み始めた。これまで行政手続きなどの「役所仕事」は紙を使った手作業が大半を占め、産業界と比べて効率化が大きく遅れてきた。行政機関(ガバメント)の取り組みを後押しするのがスタートアップ企業の「ガブテック」だ。

■書類の8~9割に不備

神奈川県鎌倉市の市役所では春の引っ越しシーズ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]