栃木県、関西で県の魅力PR 地酒イベントなど

2019/7/1 19:51
保存
共有
印刷
その他

栃木県は7月に関西圏でのPRを強化する。4~5日に大阪市内の地下街で地酒の立ち飲みなどができるイベントを開くほか、9~10日にも同市内の別の地下街で観光パンフレットの配布などを行う。民間の「魅力度ランキング」で順位が低迷している一因が関西でのPR不足にあるとみて、食や観光地など県の魅力をアピールする。

4~5日には「ディアモール大阪」で「めっちゃええやん!ベリーグッドローカルとちぎプラザ」を開催。「ウケる、栃木県。」をコンセプトに、同県出身の女将が接客する地酒の立ち飲みコーナーや物産店などを設ける。4日の夕方には同県出身のお笑いコンビ「U字工事」によるトークライブを行う。

9~10日には大阪・ミナミの地下街「なんばウォーク」で、観光パンフレットの配布や栃木の特産品が当たる抽選会などを実施する。

栃木県はブランド総合研究所(東京・港)が実施する都道府県の魅力度ランキングで、2018年の順位が44位と低迷している。特に関西圏在住者の評価が低いという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]