2019年8月23日(金)

長野県小諸市、江戸時代の旅籠を旅館に再活用

2019/7/1 19:42
保存
共有
印刷
その他

江戸時代の旅籠(はたご)、粂屋(くめや、長野県小諸市)が5日、旅館業を再開する。市が中心となって総工費約1億2000万円をかけ、江戸時代後期に建てられた建屋を修繕した。参勤交代の際にも使われた当時の風情を味わえるのが特徴。インバウンド(訪日外国人)や歴史や文化に興味のある若者などの宿泊を見込んでおり、地域活性化につなげる。

粂屋では江戸時代に家臣が宿泊した部屋も楽しめる(小諸市)

こもろ観光局が運営する。敷地面積は約760平方メートルで、建物は2階建てで客室は5室。朝食付きで一人6000円から宿泊できる。貸室やカフェも併設しており、地域住民や観光客の憩いの場としても利用できる。

粂屋は軽井沢から加賀藩などをつなぐ北国街道に立地している。かつては脇本陣として営まれ、参勤交代の道中で家臣などが宿泊していた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。