/

EPA交渉の加速確認へ 日トルコ首脳会談

安倍晋三首相は1日夜、トルコのエルドアン大統領と首相官邸で夕食をともにしながら1時間会談した。両首脳は経済連携協定(EPA)の早期妥結に向けて交渉を加速することを確認した。首相の6月中旬のイラン訪問を踏まえ、緊張が高まる中東情勢についても意見交換した。

首相は会談の冒頭で「日本とトルコは歴史的友好国から戦略的パートナーという次元にきた。このパートナーシップをさらに高みに引き上げたい」と述べた。

日本政府はエルドアン氏の今回の来日時にEPAで大枠合意する段取りを描いたが、詰めを残し、秋ごろの決着をめざす。会談では防災分野での協力強化や、教育・文化人材の交流の促進も申し合わせた。

両首脳の会談は2018年12月以来、11回目。エルドアン氏は6月29日に閉幕した20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)に合わせて来日した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン