/

ツイートから1時間で反応 米朝会談 河野氏が内幕紹介

(更新)
6月30日、板門店の韓国側施設で北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)と握手するトランプ米大統領=朝鮮中央通信・共同

河野太郎外相は1日、都内で講演し、6月30日の3回目の米朝首脳会談について、ポンペオ米国務長官から電話で受けた説明の内容を一部明らかにした。「トランプ大統領がツイートしたら小一時間で北朝鮮側からレスポンスがあった」と表明した。ポンペオ氏は「金正恩(キム・ジョンウン)委員長が来るまで半信半疑だった」とも語ったという。

河野氏は安倍晋三首相と金正恩氏の会談の実現に意欲を示した。「拉致問題解決のためには日本が直接話し合いをしなければならない。どういう段階であっても、きちんとスタートできるようにしっかり準備する」と述べた。日本側の立場はトランプ、ポンペオ両氏が北朝鮮側に再三提起し「北朝鮮もしっかり認識している」と指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン