北陸3県6月短観 2期連続悪化 製造業、中国減速受け

2019/7/1 19:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北陸景気の足取りが重い。日銀金沢支店が1日発表した6月の企業短期経済観測調査(短観)は、北陸3県の業況判断指数(DI)が全産業ベースでプラス5と前回の3月短観に比べ5ポイント低下した。悪化は2期連続。中国経済の減速を背景に機械や電子部品など製造業の主力業種の受注が鈍った。先行きへの警戒感も残るが、設備投資などは底堅さを保っている。

業況判断指数は景況感が「良い」と答えた企業の割合から「悪い」と答…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]