2019年8月18日(日)

ベトジェット、日本向け2路線開設 LCC初の経団連企業にも

2019/7/1 19:09
保存
共有
印刷
その他

ベトナムの大手格安航空会社(LCC)ベトジェットエアは1日、成田―ホーチミンと羽田―ダナンの2路線を新たに開設すると発表した。同社にとって羽田発着便の運航は初めてで、日本路線は合計5路線に増える。路線の拡充で観光に加えビジネスも含めた日本、ベトナム間の航空需要の取り込みを狙う。

路線発表イベントにはベトナムのグエン・スアン・フック首相(左から2人目)らが出席した(1日、東京都千代田区)

成田―ホーチミン路線は12日から、羽田―ダナン路線は10月27日から就航し、毎日運航する。羽田―ダナン路線は羽田発が午前2時半で午前6時40分着、ダナン発が午後6時10分で午前1時着。いずれも羽田を深夜に発着する便となる。

同社は同日、LCCとしては初の経団連正会員企業となったことも発表した。東京都内で記者会見したグエン・ティ・トゥイ・ビン副社長は「グローバルな航空会社になりたいと考えている。経団連を重要なパートナーとし、経済活動に一緒に取り組んでいきたい」と述べ、日本市場でさらに事業を拡大していく方針を示した。

ベトジェットは2007年に設立。東南アジア有数のLCCとして知られ、就航路線数は約120にのぼる。17年に日本航空と提携。18年から関空や成田を拠点に日本路線に参入していた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。