/

この記事は会員限定です

[社説]北方領土、禍根残さぬ交渉を

[有料会員限定]

領土問題で妥協するつもりはない。そう思わざるを得ない平和条約交渉でのロシアの姿勢だ。日本政府は早期の解決を目指しているが、足元を見透かされてはならない。将来に禍根を残さない交渉に徹してほしい。

先週末の日ロ首脳会談後の会見で、プーチン大統領は「両国関係を質的に新しいレベルに引き上げるための地道な交渉が続く」と述べた。領土問題に関していえば、交渉継続を確認しただけのゼロ回答だった。

昨年11月の首脳...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り561文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン