長岡花火、公式駐車場の一部に予約制 軒先が運営

2019/7/1 18:29
保存
共有
印刷
その他

駐車場やオフィスなどのシェア仲介サイトを運営する軒先(東京・千代田)は、8月2~3日に新潟県長岡市で開く長岡まつり大花火大会(長岡花火)公式駐車場の一部で予約サービスを導入する。大会当日の交通渋滞緩和や違法・迷惑駐車の削減につなげる。花火大会の公式駐車場に予約サービスを導入するのは珍しいという。

予約制を導入するのは長岡造形大学、長岡市のリリックホール(市立劇場)、さいわいプラザの駐車場で計976台分(2日は916台分)。7月5日午後0時30分から予約を受け付ける。利用時間は原則、午前10時から午後11時30分までで、料金はいずれも3500円。

予約には軒先が運営するサイト「軒先パーキング」の利用が必要で、予約のない人は3つの公式駐車場の利用ができない。前日や当日のキャンセルは不可。予約制にすることで利用者は駐車場を探す手間を減らすことができる。

長岡花火は長岡花火財団が運営し、毎年8月2~3日に開かれる夏の風物詩。昨年は2日間で県内外から約104万人が来場した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]