2019年8月20日(火)

日本株投信、国内運用大手の苦戦鮮明に
10年間の実績調査 独立系、中小型株がけん引

2019/7/2 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

投資信託の運用会社間で実績の差がついている。日本株を対象とした投信で過去10年間のリターンを運用会社別に調べると、独立系や外資系が上位に入った。投信の本数を絞り込んだり、中小型株で有望銘柄を発掘したりする戦略が奏功した。一方、国内大手は不振ファンドも多く抱え、平均した成績は全社で同期間の日経平均株価以下だった。実績本位の運用を徹底するには系列に依存しない販売のあり方が課題となる。

投信評価会社の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。