/

三菱航空機、経常赤字473億円 債務免除で最終黒字

三菱重工業傘下の三菱航空機(愛知県豊山町)が1日公開した官報の決算公告で、2019年3月期の経常損益は473億円の赤字だった。開発中の国産旅客機「スペースジェット(旧MRJ)」の費用が先行した。

赤字幅は前の期の589億円から縮小した。最終損益は23億円の黒字で、前の期の589億円の赤字から転換した。三菱重工からの債務免除に伴う特別利益を500億円計上した。同社が1700億円の増資も引き受けたため、19年3月末の純資産は622億円となり債務超過を解消した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン