2019年8月24日(土)

釧路港から捕鯨船出港 地元は期待と不安が交錯

2019/7/1 17:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府が国際捕鯨委員会(IWC)を脱退し、31年ぶりの商業捕鯨が1日再開した。釧路港からは全国から集まった沿岸捕鯨業者の計5隻が午前9時半すぎに出港し、ミンククジラの捕獲を目指して沖に出た。日本の捕鯨政策は大きな転換期を迎え、かつての捕鯨基地だった釧路では商業捕鯨の再開を巡って期待と不安が交錯している。

「商業捕鯨が再開され心が震えるほどうれしく感無量。この後も未来永ごう、鯨とともに生きていきたい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。