/

DC、利回り1.86% 18年度 3年ぶり低水準、株安響く

確定拠出年金(DC)の運用成績が悪化している。格付投資情報センター(R&I)によると、2018年度末までの運用利回り(通算、年率換算ベース)は1.86%と2年連続で低下し、3年ぶりの低水準となった。17年度からは約0.6ポイント悪化した。米中貿易摩擦や中国の景気減速で、国内の株式相場が下落した影響を受けた。

R&IがDCの運営管理を担う野村証券、みずほ銀行、三井住友信託銀行、三菱UFJ信託銀行の大手4社から集計した。企業が掛け金を拠出する「企業型」の408万人を対象にしており、全加入者の6割を占める。DCは従業員が自ら運用方法を指定する制度で、運用成績に応じて将来の年金額が変動する。

18年度の単年度利回りは0.40%と小幅なプラスを確保した。一方で17年度の同3.25%からは悪化し、累積の利回りも低下した。海外株式や国内外の債券の運用成績は堅調だった一方、国内株がふるわなかった。

加入者ごとの運用成績でみると、3%以上だった層は26%と17年度から11ポイント減った。また全体の約半数が1%未満だった。DCは運用資産の中でも元本確保型の金融商品が高く、組み入れ商品の多様化やリスク管理が課題となっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン