/

この記事は会員限定です

商業捕鯨、多難な再出発 海域限定、需要も読めず

[有料会員限定]

政府は1日、31年ぶりに商業捕鯨を再開した。操業範囲は日本の領海や排他的経済水域(EEZ)に限定しており、捕獲枠も小さい。鯨肉が日本の食卓を支えたかつての規模にはほど遠い姿だ。クジラの消費がどこまで拡大するかも見通せず、多難な再出発となった。

「商業捕鯨の復活を産業や観光の振興につなげていきたい」。同日、山口県の下関港で開かれた出港式で、地元の前田晋太郎市長は意気込みを語った。鯨肉の流通・加工基...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1181文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン