蝶の道 動物学者 今泉忠明

エッセー
2019/7/19 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

私が住む東京・下町の路地にはアジサイやツツジ、サンショウなどさまざまな植木がところ狭しと並んでいる。都会にいても季節を感じる数少ない場所だ。

初夏の頃、路地にヒラヒラとアゲハチョウが飛んできた。柚子(ゆず)の葉の上を舞い、あちこちで腹の端を葉にちょっと付けては卵を産んでいく。目の前の葉だけで4個産んだ。翅(はね)は破れた箇所もなく美しく、蛹(さなぎ)から孵(かえ)って間もない蝶(ちょう)のようだ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]