米アプライド、旧日立系の半導体装置を買収 2500億円

2019/7/1 11:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

半導体製造装置で世界首位の米アプライドマテリアルズ(AMAT)は、旧日立製作所系の装置メーカーのKOKUSAI ELECTRIC(東京・千代田)を買収する。買収額は約2500億円になるもよう。次世代通信規格「5G」時代をにらみ、自動車や産業機械など幅広い分野で必要になるより高度な半導体の開発を目指す。国際競争力の高い日本の装置メーカーを巻き込んで世界的な再編機運が高まりそうだ。

KOKUSAIは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]