/

未解決4事件の懸賞金延長 女児不明や3人射殺など

警察庁は1日、大阪府熊取町で2003年5月、当時小学4年の吉川友梨さんが行方不明になった事件など4事件で、解決に結びつく情報の提供者に支払う公的懸賞金(捜査特別報奨金)の受付期間を1年間延長することを決めた。上限額はそれぞれ300万円。友梨さんの事件は7月2日からで、延長は12回目。

他の3件は、東京都八王子市のスーパー「ナンペイ大和田店」で1995年7月、女子高生ら3人が射殺された強盗殺人事件(30日から。延長12回目)▽群馬県太田市のパチンコ店で96年7月、当時4歳の横山ゆかりちゃんが行方不明になった事件(1日から。同8回目)▽新潟市で09年11月、タクシーの男性運転手が刺殺された強盗殺人事件(29日から。同8回目)。

ナンペイ事件とゆかりちゃんの事件は、民間団体の私的懸賞金300万円もある。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン